Home > 観戦記 > J1第14節:7/25 京都サンガ戦

J1第14節:7/25 京都サンガ戦


こんにちはイマリ(@imarix)です。

W杯が終わり未だ勝利がない状態で迎えた京都戦。
ようやく川崎の太陽ジュニーニョが等々力へ帰ってきました。

少々実験的に行った twitter での「ジュニーニョお帰り」企画も、Gゾーンだけでなくゴール裏やバックスタンド、2階席、メインと広いエリアで参加して下さりました。
参加してくださった皆さんありがとうございました!
後で聞いたのですが、クラブスタッフがサポーターがみんな待ってるよとジュニーニョに話をしたところ、ジュニーニョがGゾーン前まで来て挨拶してくれたみたいです。
(実は打ち合わせにない突然のジュニの行動だったので、スプレー幕を出すタイミングが少し遅れました・・・)

試合内容は最下位相手に苦戦したかもしれませんが、このゲームでそんな事はどうでもいいところ。
ジュニーニョが予想より早いタイミングで交代出場し、スコアレスドローも覚悟した試合終了ギリギリでの得点。
もうドラムをほっぽり出してジュニーニョの元へ走り出したい衝動を抑えてのバスケットケースでした。

試合後は、有志のみんなで作成したジュニTを着てGゾーンでお迎え。
ジュニーニョの「ようやく家に帰ってきた」発言に涙です。
その様子は、ゴースタ!2010 ジュニーニョ、Gゾーンに向けて感謝のメッセージ! にて!
ジュニーニョにもプレゼントしたTシャツには以下のメッセージが入っています。
o sol de kawasaki nunca se põe川崎の太陽は決して沈まない
これからも川崎の太陽として輝き続けてもらうためにも全力でサポートしていきましょう。

P.S.
試合後のコメント

サポーターのみんなからのメッセージVTRはタイミングもよかった。難しい時にあのVTRが届いた。足の痛みが再発して、そんな事を言っても、日本に帰る日が迫っていて、そのタイミングでみんなから預かったVTRを代理人が持ってきてくれた。来日の1週間前だった。5月末だったかな。DVDとメッセージで、奥さんと子どもと見た。涙は我慢した。でも本当に感激した。感謝という言葉でしか言い表せないし、だからこそここに戻ってくることができた。これからもチームのために戦いたいと思う。

とコメントしています。
ブラジルでリハビリを続けていたジュニーニョを励ます意味で行ったDVD撮影でしたが、まさか引退まで考えていたとは思いもしませんでした。
みんなの気持ちがジュニーニョを等々力へ戻したと思います。
撮影に協力してくださった皆様ありがとうございました!

Home > 観戦記 > J1第14節:7/25 京都サンガ戦

Feeds

Return to page top