Home > 観戦記 > 天皇杯 準々決勝:12/12 ベガルタ仙台戦

天皇杯 準々決勝:12/12 ベガルタ仙台戦


こんにちは。
タニです

リーグ戦も終わり、残すは天皇杯!

もう最後のタイトルしか残ってないだけに負けたらそこで今年の戦いが全て終わってしまう中で迎えた準々決勝ベカルタ仙台戦。

完全アウェーな雰囲気の中、ゲームはスタート。

前半、35分仙台の中島に先制点を与えてしまい苦しい展開、それでもなんとか前半を1−0で折り返す。

後半になると、両者一歩も譲らない苦しい展開が続き、後半も、もうすぐ終わるかと思った間際、村上の意地の同点弾で追いつき、なんとか延長戦にもつれこむ事が出来ました。

延長前半はフロンターレの押せ押せムード!でスコアレスで折り返し、迎えた延長後半19分、仙台の平瀬に追加点を奪われ、このまま試合は無情にもタイムアップ…

今日で今シーズンのフロンターレの戦いは終わりました。

今年はいろんな事があった一年でしたけど、みなさんと共に一年間!フロンターレというチームをどんなときも熱くサポート出来た事、ほんと心から感謝してます。

今年から不慣れな前立ちを初め、どんなときもみなさんに温かく迎えて頂き、ほんとありがとうございました。

また来年も、ACL・ナビスコ・リーグ・天皇杯と続きます。今年同様の熱いサポートよろしくお願いします。

来年こそ、今年届きそうで届かなかったタイトル絶対に取りましょう

一年間…お疲れ様でした。

Home > 観戦記 > 天皇杯 準々決勝:12/12 ベガルタ仙台戦

Feeds

Return to page top