Home

BLUESTAR

フロンティアーズ


私たちBLUESTARも川崎市を拠点に活動を行なっているフロンティアーズの試合に足を運び応援をしてまいりました。
今シーズンもフロンターレ同様にフロンティアーズを応援し、共に川崎市を盛り上げていきたいと考えています。
目指すはフロンターレ&フロンティアーズのW優勝。
アメフトの試合を見た事ない方でも全然問題ありません(私がそうでしたので・・・)。
ぜひフロンターレと共にフロンティアーズの試合にも足を運んでみてください!

川崎華族.net 「フロンティアーズ」

川崎フロンターレの兄弟分である富士通フロンティアーズとの交流が始まったのは、2015年8月のことです。きっかけは川崎フロンターレのホームゲーム、等々力競技場のイベントでアメリカンフットボールを絡めた様々なアトラクション『アメフトーク』が開催されたこと、そこにフロンティアーズの選手全員がアトラクションの運営スタッフとして参加したことでした。
 そのイベントに先立ち、フロンターレのクラブスタッフから、「フロンティアーズ側から、当日はGゾーンでフロンターレの応援をしたい。旗を振りたい。皆でおそろいの水色のTシャツを作り、サポーターと一緒に戦いたい。そのためにも、応援についてフロンターレのサポーターにレクチャーをしてほしい、と伝言を受けている。」との連絡があったのです・・・
続きを読む

ホーム開幕戦 カラーパネル・フラッグ設置のご協力のお願い


皆さんこんにちは。

3月5日は待ちに待った2017年のホーム開幕戦です。この重要な一戦に等々力に集まった川崎を応援する全ての人たちが気持ちを一つにして臨めるよう、選手入場時にコレオグラフィーを実施します。スタジアム全体が一体感をもって選手を後押しできるよう、ぜひご協力をよろしくお願いします。
僕らの手で「これがホーム等々力!」と言わんばかりの最高の雰囲気を作り出しましょう!

以下の通り、当日準備作業を行いますので、ご協力よろしくお願いします。

■日時
試合当日 3月5日(日) 10:00(等々力第2期整備説明会の終了後)~2時間程度
※短時間の参加でもOKです。
※参加人数によって作業終了は早まる可能性があります。

■作業内容
カラーパネル・フラッグの設置

■集合場所
等々力陸上競技場 7番ゲート前

■回収作業について
試合終了後にG階段前、7番・10番ゲート前の計3箇所で回収を行います。使用したフラッグ、パネルは試合終了後に回収場所までお持ちください。(パネルは広げて、フラッグは同色5本一組で丸めてお持ちいただけると助かります)
並行して回収したカラーパネル・フラッグの片付け作業を行いますので、お手伝いいただける方は、試合終了後、バックスタンドG階段下コンコースにお集まりください。こちらのご協力もよろしくお願い致します。

以上

退団選手・監督・コーチへの寄せ書き


2016シーズンをもって川崎フロンターレを退団する橋本晃司選手、小宮山尊信選手、大久保嘉人選手、高木駿選手、安柄俊選手、福森晃斗選手、風間八宏監督、森一哉コーチ、川崎英正トレーニングコーチに向け、サポーターからのメッセージを寄せ書きにして贈りたいと思います。

つきましては、下記の通り、フロンターレ展の会場にて寄せ書きを実施しますので、感謝や激励の気持ちをメッセージに込めて届けたい方はぜひお集まりください。

日時:1/14(土) 10時~集まり次第終了
場所:川崎市民ミュージアム フロンターレ展会場にて
大勢のサポーターの皆さまのご参加をお待ちしております。

なお、恒例となっておりますサポーター主催による退団選手の送別会につきましては、誠に残念ではありますが、今シーズンは選手スケジュールの都合上、開催を見送らせて頂きました。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

大宮戦のトラブルに関する報告会開催のお知らせ


9月17日の大宮戦終了後のトラブル、及び大宮戦後の応援団活動自粛の件、多くの皆様にご迷惑、ご心配をおかけしております。誠に申し訳ございません。
私たちBLUESTARも下記の会にてご報告させていただければと考えております。
お忙しいかと存じますが、多くのフロンターレサポーターの方々にお集まりいただけますよう宜しくお願いします。

川崎華族.net 「報告会開催のお知らせ」
9月17日大宮戦終了後の私ども川崎華族のメンバーが関わったトラブルの件、ならびにそれ以降全面的に自粛しております川崎華族としての応援活動に関しまして、多くの関係者・ファン・サポーターの皆さま方には多大なご迷惑とご心配をお掛けしており、誠に申し訳ございません。

クラブから本件に関する最終報告が発表されたことを受け、私ども川崎華族としましては、来たる10月22日の広島戦試合当日、皆さまのお時間を頂戴いたしまして、下記の通り、ファン・サポーターの皆さまを対象にした報告会を開催させて頂きます。

日時: 10月22日(土) 9:30~
場所: 会館とどろき (川崎市中原区宮内4-1-2)
内容: 大宮戦後に起きたトラブルの詳細について、
    及び、川崎華族としての今後の活動方針に関するご報告

ファン・サポーターの皆さまに向けたご報告の場という意味では、本来であれば等々力競技場にて開催すべきところでありますが、現在スタジアムへの入場禁止処分を受けているメンバーも居りますことから、このような近隣施設での開催となりましたことをご了承願います。
リーグ戦試合当日かつ朝の列抽選後の貴重なお時間ではございますが、どうか大勢のファン・サポーターの皆さま方にお集まり頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

大宮戦後のトラブルに関するお詫び


9月17日の大宮アルディージャ戦後におけるトラブルの件で、川崎フロンターレより処分の発表があり、BLUESTAR所属のメンバー1名が厳重注意処分を受けました。

今回発表されたの処分に関して、当該者だけでなくBLUESTARメンバー全員が真摯に受け止め深く反省しております。

大宮アルディージャ、川崎フロンターレの両クラブに関わる多くの皆さまにご迷惑をお掛けしましたことをあらためてお詫び申し上げます。

「川崎市へ想いを伝えよう」


最高の雰囲気の等々力競技場で試合ができるよう、私たち一人一人の声を川崎市長へ届けましょう。

川崎華族.net 「川崎市へ想いを伝えよう」
先日のリリースに対して、サポーターや市民の皆さんから大きな反響を頂きました。長文にもかかわらず、私どもの考えに目を通して頂き、本当にありがとうございました。
多くの皆さまが私たちと同様、この問題に強い関心を持っていることが分かりましたし、また、ホーム等々力競技場でアジアの強豪クラブを相手に戦うフロンターレが観てみたいと考えていらっしゃることも分かりました。多くの方々に賛同頂き、本当に心強い限りです。
さて、等々力競技場の1階観客席へのAFC基準に基づく座席設置に関しては、「等々力陸上競技場の全面改修を推進する会」を通じ、川崎市福田市長に対し要望書を提出しております。それを受けて今頃は、川崎市の担当部署にて要望書に対する精査と検討がなされているものと思われます。
そこで皆さまにお願いなのですが、今回のAFC基準に基づく座席設置の問題や、フロンターレが海外のクラブと等々力競技場で試合を行なう意義、あなたにとってのフロンターレの存在など、サポーターや市民としてフロンターレに関して今考えている率直な意見や要望をぜひ積極的にアピールして頂けないでしょうか。
もちろん私たち応援団のメンバー宛にご連絡を頂いたり、個人のSNSで発信したりするのでも構いませんが、それよりも皆さま一人ひとりから川崎市に対し直接意見を伝えて頂く方が、問題の解決を前向きに図る上で最も効果的かと思います。
川崎市では下記のホームページにて、市民からの意見や提案をお待ちしております、とのことですので、この機会に忌憚のないあなたのご意見・ご要望を直接川崎市に届けてもらえると心強いです。
以下のリンク先のメールフォームからでも受け付けております。
■川崎市 市長への手紙
http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000016761.html
ぜひともご協力よろしくお願いいたします。

「満員の等々力で戦うために」


ACLにおいても一体感のある応援を行うために、私たちも共に活動してまいります。

川崎華族.net 「満員の等々力で戦うために」
フロンターレが来年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した場合、等々力競技場で開催されるホームゲームでは、バックスタンド1階席を空席にして戦わざるを得ない可能性がある、との報道がありました。
アジアサッカー連盟(AFC)が2017年から厳格に適用するというスタジアム観客席の規定によると、背もたれ付きの個席以外は観客席として認められず、その条件に該当する等々力競技場のサイド・バックスタンド1階席が観客席として使用できなくなる、とのことでした。
フロンターレがACLでアジアの強豪クラブをホーム等々力に迎え撃つ時、一体感ある応援の発信地でもあるバックスタンド1階席を空席にしたままで試合に臨むことなどあってはなりません。ましてや、等々力競技場でのACLの試合開催を諦めて、別の代替スタジアムを使用するという選択肢もあり得ないと思います。
フロンターレの選手たちには、ACLでもJリーグの試合同様、サポーターの一体感に満ちた超満員のホームスタジアム・等々力競技場で、アジアの頂点を目指し臆することなく全力で戦って欲しい。
それが私たちの願いです。
現在、フロンターレは観客動員が毎試合2万人を超えるようになり、後援会員も3万人の大台を突破。地域に根差したプロサッカークラブとして多くの川崎市民がフロンターレを応援しています。
また、クラブが地域貢献活動をどこよりも積極的に行なってきたことで、Jリーグの調査による「地域貢献度1位」の評価を毎年のように獲得し続けるなど、フロンターレは市民にとって最も身近な存在になりました。
今や等々力競技場で試合が行なわれる日は、街中にフロンターレカラーが溢れ、スタジアムの周りは人々の笑顔に包まれています。
まさにフロンターレの快進撃がこの川崎の街に幸福をもたらしてくれているのです。
今回の報道では等々力競技場の観客席の背もたれの問題が明らかになりました。しかしながら私たちサポーターが、等々力競技場を所有・管理する川崎市に対し、そういったフロンターレを身近に感じる多くの市民の声をしっかりと伝えていくことができれば、必ずや解決の糸口が見出せるものと確信しています。
私たちは事態の解決に向け、サポーターの立場から前向きかつ積極的なアクションを起こしていきます。
引き続きのご理解とご協力をよろしくお願いします。

2015シーズンカンパ御礼


遅くなりましたが、皆さまよりお預かりしたカンパの収支についてご報告させて頂きます。2015年もシーズンを通して応援歌詞カード印刷費等のカンパに、たいへん多くのサポーターの皆さまから多大なご支援を頂きました。我々の活動へのご理解とご協力、誠にありがとうございました。
応援歌詞カードカンパ

[総額] 236,635円

[費用] 372,655円

・応援歌詞カード印刷費

・応援に関する楽器、横断幕、備品購入費

・選手への記念品(出場記念、誕生日等)購入費
引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

川崎フロンターレ応援団

川崎華族

BLUE STAR

乾坤一旗

退団選手送別会開催のお知らせ


今シーズンをもって川崎フロンターレを退団する選手の送別会を、以下の通り開催いたします。なお、この企画はサポーターからの要望によりクラブの全面協力のもとで行われます。

■日時
12月2日(水) 19:30~(1時間程度を予定)

■場所
フロンタウンさぎぬま
川崎市宮前区土橋3-1-1
東急田園都市線「鷺沼駅」下車徒歩3分

■参加選手(予定) 12/1 1:00現在
・松井謙弥選手
・實藤友紀選手
・山本真希選手
※ 山越享太郎選手の参加は調整中です。
※ アルトゥール マイア選手は帰国しているため、不参加となります。

詳細や続報は決まり次第、川崎華族のホームページにてお知らせいたしますのでご確認ください。

以上

カラーパネル・フラッグ設置のご協力のお願い


2016シーズン最終戦となるベガルタ仙台戦でコレオグラフィーをやります!

先日の天皇杯の敗退を受けて、モチベーションも人それぞれ色んな想いがあると思います。でも、そんな試合をただの消化試合とするのか、最高の試合にするのかは、俺たちの応援次第だと思います。

俺たちが12番目の選手として、全力で熱い気持ちを伝えれば、きっとピッチで戦う選手も応えてくれる!そう信じて今年最後の試合、勝利を目指してスタジアムを1つにしてみんなで戦いましょう!

コレオグラフィー実施に伴い、事前準備、片付けを下記の通り行います。最高の等々力劇場を作り出すために、一緒にみんなで成功させましょう!

■日時
 試合当日 11月22日(日) 7:30頃(列整理終了後)〜2時間程度
 ※ 短時間の参加でもOKです。
 ※ 参加人数によって作業終了は早まる可能性があります。

■作業内容
 カラーパネル・フラッグの設置

■集合場所
 等々力陸上競技場 7番ゲート前

■回収作業について
 試合終了後にG階段前、7番・10番ゲート前の計3箇所で回収を行います。使用したフラッグ、パネルは試合終了後に回収場所までお持ちください。(パネルはひろげて、フラッグは同色5本一組で丸めてお持ちいただけると助かります)
並行して回収したカラーパネル・フラッグの片付け作業を行いますので、お手伝いいただける方は、試合終了後、バックスタンドG階段下コンコースにお集まりください。こちらのご協力もよろしくお願い致します。

以上


20151122_01

20151122_02

20151122_03

20151122_04

20151122_05

20151122_06

Home

Feeds

Return to page top